top of page

人を幸せにしてくれる究極の和食を味わってみてはいかがですか


和食とは奥が深いとよくいわれています。ユネスコの世界遺産に登録されてから、その注目度はますます高くなっています。低カロリーで健康的なうえ、その料理の繊細さや美味しさに定評があります。ぜひ究極の和食を味わってみてはいかがですか。



和食には素材を生かす料理人のこだわりがつまっています


日本列島は、せまい国土にもかかわらず南北に長いため、豊かで美しい四季の移ろいがあります。そのため、それぞれの季節に応じた多種多様の食材に恵まれています。周りを海に囲まれているので、新鮮な魚介類も手に入れることができ、昔よりいろいろな料理に作り上げられてきました。また日本ならではの山の恵みも惜しみなく料理の材料として使われています。日本食にこだわる料理人たちは、これら豊富な食材をどのような料理に仕上げるか、日々試行錯誤を重ねています。和食を作ることに秀でた料理人たちは、料理を味わってくれる人の舌を喜ばせるために、常に精進しているのです。



和食とはうまみを抜きにしては語れない料理です


世界の料理の中で和食のうまみというものは、なかなか言葉で表現することが難しい、複雑な味覚であることには間違いないでしょう。辛み、甘み、塩味、酸味、どれとも違う味覚であるのだということは、かなり浸透してきています。このうまみのおかげで和食は、薄味にして素材の味を生かせるといった、日本ならではの料理法を可能にしました。一流の料理人たちはこのうまみを、いろいろな方法で引き出します。だしを取る材料である昆布や鰹節などについても、どうやったらうまみのみを引き出せるのかを熟知しており、料理の種類によって使い分けているのです。またこれらの素材を提供する生産者達も、妥協を許さない仕事で食材を提供しています。お客様に安全で美味しい料理を味わってもらうため、生産者も料理人も品質を徹底管理しているのです。うまみは、いろいろな人の手で作り上げられているのだといっても過言ではないでしょう。



和食とは目と舌で味わうものです


和食は料理人にとって一種の作品です。その味はもちろんのこと、いかに繊細でおいしそうに見えるかという見た目も重視します。ご飯に始まり焼き物、揚げ物、お造り、お椀など様々な形で提供される料理は、料理人たちのこだわりがつまった芸術作品です。ひとつの食材からいろいろな料理に形を変える和食の魅力はひと言では言い表せません。味わう人は、次はどんな味付けで楽しませてくれるのだろうと、わくわくすることに間違いないでしょう。料理を盛り付ける器にもそれぞれのこだわりがあり、料理を引き立たせるための名脇役となっています。料理と合わせて器を楽しむことも趣があっておすすめです。


日本人はおもてなしの心で和食を提供します


日本人はおもてなしの心を大事にします。美味しい料理を味わってもらうためには、ゆっくりと食事を楽しんでもらう店の雰囲気作りも重視します。趣のある和の雰囲気を楽しんでもらえるように、店作りにも妥協を許しません。あの美味しい料理を、あの素敵な店で味わうことができたと、後で思い出してもらえるようになれば本望でしょう。お客様を大事にもてなすといった精神は、日本人がとても大事にしているものなのです。料理だけではなくそのおもてなしの心にも、十分満足していただけるのではないでしょうか。


究極の和食とは人に究極の満足感を与えるものです


究極の和食についてその魅力を語ればきりがありません。提供される料理の素材、味の奥深さ、ゆっくりと食事を楽しめる雰囲気の店、どれをとってもお客様にとって、満足のいく思い出になることに間違いないでしょう。







bottom of page