top of page

日本の食事作法と礼儀


日本の食事作法には色々と細かいルールが沢山あります。


日本人ですら間違える事があるくらいですので、訪日旅行客の方はそこまで神経質になる事はありません。ここでは日本の食事作法について、知っておくと便利な事を5つだけご紹介します。



ポイント1:食事は主に箸で食べる

日本料理は主に箸で食べます。日本人は全員子どもの頃に箸の使い方をマスターしますが、箸が上手く使えない旅行客の方は無理して箸を使う必要はありませんのでスプーンやフォークを持ってきてもらうようにしましょう。勿論、折角のチャンスなので箸にチャレンジするのも良い経験になる事でしょう。



ポイント2:お椀などの食器は持って食べる

韓国などでは食器は持ってはいけないというマナーですが、日本では、お椀や小さな小鉢は手に持って食べるという作法があります。



ポイント3:居酒屋には「お通し」というものがある

これはよく旅行客の方が疑問に思うようなので是非知っておいてほしい事ですが、日本の居酒屋には「お通し」というものがあります。これは、最初に注文していない料理が勝手に出され、しかもサービスかと思ったら会計にも入れられているのですが、いわゆるチップのようなものだと思ってください。



ポイント4:食事は残さず食べるのがマナー

中国などでは食事は少し残す事がマナーとされていますが、日本では食事は全て食べる事がマナーとなります。もちろん無理して完食する必要はありませんが、出されたものは綺麗に食べきると喜ばれます。



ポイント5:食前には「いただきます」食後には「ごちそうさま」の挨拶を

日本では食事の前に「いただきます」と言います。これは、料理を「いただきます」という意味の他に、料理を作ってくれた方への感謝の気持ちを込めて「いただきます」と声をかける事、そして料理として出された動植物の命に対して「いただきます」という意味合いをこめて口にする挨拶です。そして食べ終わった後には「ごちそうさま」と言います。

他にも、お酒を他人に注ぐ「お酌」という文化があったり、蕎麦を食べる時は音を立ててすするという驚きの文化があったり、日本の食事作法や礼儀には様々なものがあります。


外国からのお客様であれば日本人もそれを心得て対応しますので、知らなくても失礼にあたるという事はほとんどありませんが、知っておくと便利ですし、文化を知る上でも役立ちます。











#日本料理#人気グルメ#東京

Comments


bottom of page